ウォーキングでダイエットをしたいなら、正しい方法でやらないと効果が出ませんよ。 ウォーキングはダラダラとでもとにかく歩けば良いというものではなく、きちんと運動をするんだぞ!という意識を持って歩くことが重要です。意識を持って歩けば運動量も増え、当然消費カロリーもぐっと上がります。

手軽なウォーキングダイエットの正しい知識

ウォーキングの主な目的はやはりダイエットではありますが、健康維持を目的にウォーキングをする方々も数多く居ますね。他の激しい運動とは異なりウォーキングはたとえ高齢者の方であっても気軽に取り組める点が大きな魅力です。

はじめようと思ったらすぐに取り組めるだけでなく特殊な道具や装備も無くて良いというところもウォーキングの大きな利点であると言えますね。

ですが、思いつきで1、2回やったからといってすぐに効果が出るものではありませんよ。継続は力なりとはよく言ったもので、継続的に行えば運動効果や身体効果が現れるものです。

ウォーキングといえば有酸素運動の代表と言っても良いくらいですが、ダイエットの効果を期待するのであれば無酸素運動も取り入れる必要があります。具体的な無酸素運動としては軽い筋トレが良いでしょう。これでダイエット効果もかなり増すことと思います。

軽い筋トレの例としては腕立てや腹筋、背筋などを各10~20回くらいずつをワンセット行うくらいで良いでしょう。

▲このページのトップへ

SEO対策済みテンプレート